歯列を整えるには矯正歯科の治療が一番|綺麗な歯並びで笑顔満開

笑顔の女の人

変化の原因

治療

さて、今回は歯並びが悪く変化してしまう、その原因について紹介していきます。まず、ありがちな例から挙げると、歯の治療等で抜歯をしてそのままのケースなどが多いです。このケースだと、抜歯された隣の歯などに、物をかんだ時に垂直に力がかからないので歯列に悪影響がでてしまいます。歯並びが悪くなるケースとしては、この抜歯が原因のケースが変化が進行が早いです。歯ぎしりや、頬づえなどの生活習慣によっても歯列が悪くなる原因となります。特に歯ぎしりの場合は、上の前歯などがだんだんと外側に倒れていくという変化が起きてしまいます。歯周病によってもその変化は起きてしまいがちです。歯周病になると、歯を支える歯肉や顎骨などに影響がでてしまいます。そうなると歯を支えることができなくなって、結果的に歯がぐらついて歯列が悪くなってしまいます。そして、親不らずが生えている人は、要注意です。親知らずは、それこそ無軌道に周辺の歯に対して力を加えてきます。 従って、押す力が変な方向からかかってくるので歯列が悪くなってしまうのです。この原因が少しでも当てはまる人は、矯正歯科に行って治療を受けましょう。しかし、中にはいきなり病院に行くのが不安だと感じている人もいるでしょう。そういった人は、簡単にセルフチェック出来るサイトをネットから探してみるものよいでしょう。歯科医が監修しているチェックリストもありますから、とても信頼出来ますし、参考にもなります。