歯列を整えるには矯正歯科の治療が一番|綺麗な歯並びで笑顔満開

笑顔の女の人

自然な歯並びの変化

笑顔の男の人

自然と歯並びが悪くなるケースについて紹介していきます。そもそも、意識をするまでは歯並びが良いと自分でおもっていたのに、いざ意識をしてみると悪くなっているような気がするということを良く耳にします。つまり、自然と歯並びが悪くなったというのです。これは、意外なことかもしれませんが、歯の矯正がそうであるように、歯に少しずつ力が加わることで歯は移動してしまいます。例えば、前歯がだんだんとねじれてしまうというケースです。このケースだと、審美的に非常に影響がでてくる歯並びの変化です。また、他には前歯が前の方にめくれ上がるという、所謂「出っ歯」のようなケースもあります。あとは、前歯と前歯の間に大きく隙間が空いてしまうというケースもあり得ます。 このようなケースは、何も前歯だけに起こるわけではありません。

例えば、奥歯が頬の側によってしまって、物をかんだ時に頬の肉をかんでしまいやすくなるというケースもあります。前歯の場合は、鏡などでしか確認ができませんが、奥歯などの場合は現実に痛みとしてあらわれます。 何らかの変化を自分で感じ取ったら、矯正歯科に行って、歯医者の治療を受けましょう。歯が正しい位置にあれば本来は出っ歯や、頬を噛みやすくなるといったトラブルは起こさないものです。しかしそれらは素人では分からないものですから、やはりきちんとした知識を持っている歯科医に診てもらった方が安心でしょう。発見が早ければ早いほど、治療にかかる時間も少なくすみます。